水虫はうつるの?好む環境は?

水虫で悩む男性

水虫に悩まされている人は少なくないのではないでしょうか。
イメージとして男性の方が水虫が出来ると思うかもしれませんが女性で悩まされている方も少なくはありません。
では、なぜ水虫になるのでしょうか。

水虫とは白癬菌というカビが原因です。
白癬菌が足に繁殖していく病気です。
白癬菌や手や体にも感染しますが、多いのは足です。
何故なら靴を履く事により足が蒸れて、菌が好む環境を作るからです。
白癬菌が好む環境は高温多湿です。
男女問わず1日中靴を履いて仕事をする機会が多いので水虫に悩まされる人が増えています。
白癬菌は様々な種類があります。
動物に宿ったり、人に宿ったり、土壌に宿ったりもします。

その中でも足に宿る白癬菌、いわゆる水虫は人から人にうつる事があります。
白癬菌は、水虫にかかった人の足から皮膚が剥がれ落ちる角質の中でも生きる事が出来ます。
なので、感染していない人でも素足でそれを踏んだりすれば水虫にかかる可能性があります。
しかし、すぐに感染したり、うつる心配はありません。
白癬菌が洗い流されずに残り、角質に入り込むことによりうつる可能性が出てきます。

また、繁殖しやすい環境にも注意をする事が大切です。
皮膚の表面に汗や汚れなどが残っているアルカリ性の環境も白癬菌が好む環境なので足を清潔に保つことが重要です。
毎日の入浴やケアで、弱酸性の環境を保つことで感染を防ぐことが出来ます。
1度感染してしまうと治るのに時間が掛かります。
数カ月から数年と長い年月まで及ぶことがあります。
一見、綺麗になったと思っても治った訳ではありません。
皮膚の下に隠れている場合もあるので綺麗になってもしばらくは薬をつけなければいけません。
なので、白癬菌に感染しないためにも、足を清潔にしたり乾燥させることを心がける事が大切です。