水虫によるかさぶたと治療方法について

水虫の治療方法について考える女性

水虫というとおじさんの病気というイメージも強いですが最近は若い女性でも多いです。
足がかゆいからといって水虫とは言い切れず単なる湿疹の可能性もあります。
同じ水虫でもその治療方法はさまざまなので病院で診断してもらうのが一番です。

水虫の原因はカビに近い菌に感染することです。
角質内に住み着くのですが、新陳代謝より早く新しい角質に移りつづけるので一度なると薬で菌を倒さない限り治りません。

さまざまなタイプがありますが、悪化して足が腫れあがって病院に来るというパターンが多いのが小水疱型です。
痒いからと掻いていると足の指の付け根や土踏まずに小さな水ぶくれができてくるのですが、この水ぶくれが更に痒くなるのです。
水ぶくれをつぶすと粘り気のある透明な液が出てきます。
やがて乾燥してかさぶたになります。
つぶしてその傷口から細菌が入るとよくないので治療方法としては、つぶすときは足をよく石鹸で洗って消毒した針で穴をあけるようにします。
しっかり消毒後ガーゼを貼っておくようにしましょう。
水ぶくれが大きくなりすぎると悪化したり破れてしまう可能性があるので、自分でつぶした方がよいです。
ガーゼ交換を毎日するようにし、かさぶたができたらはずすようにしましょう。

小水疱型は他の湿疹の症状ともよく似ています。
違っていた場合には水虫の治療方法をとることでさらに悪化させる危険があるので皮膚科できちんと見てもらうのが先決です。
かさぶたになった後も薬はきちんと使用するようにしましょう。

悪化していくことで皮膚が角質化したり爪が変色したりなどさまざまなトラブルが現れるようになります。
そうなってしまってからだと治療に1年以上かかってしまいます。
少しでも症状が出てきたらすぐに病院で最適な薬をもらってくるようにしましょう。