室内が湿気ていると、指が水虫になりやすいです

湿気がたまりそうな室内

水虫は白癬菌ともいいます。
水虫になってしまうと、なかなか治りにくいものです。
皮膚科で、抗真菌剤のクリームや軟膏が処方されますが、ひどくなると爪が白くなって変形して、飲み薬を服用することもあります。
完治するまでに約半年かかりますので、まずは予防が大切です。

水虫は夏場になりやすいです。
湿気があるからです。
ですから室内の湿気を少なめにしたり、靴底を清潔にしておくことが肝心です。
室内だと、換気を常にしておくことを念頭に置きましょう。
また水虫と言えば、足や手の指や爪ですので、指先を清潔にしておきましょう。
水虫は移りやすいので、他人からあるいは他人への感染に注意しておくことが大切です。
特に家族の中に水虫の方がいるようであれば、すぐに医療機関で診てもらって早目の対策をとることと、かつ移らないようにいろいろな工夫が必要です。
例えば、タオルは同じものを使わない、室内スリッパは別々、などです。

薬は市販品があります、できることならば専門の皮膚科で診てもらい、患部の状態にふさわしい薬を処方してもらうのが望ましいです。
すぐに治るわけではないので、根気強さを必要とします。
じっくり治していきましょう。
飲み薬は副作用として肝臓に負担をかけることがあります。
ですから飲み薬は長期に渡って飲むことはないです。
このへんは薬剤師さんからもかならず説明があります。

環境の変化で、現在では、1年中どこでも水虫になりやすいです。
早い段階での治療が必要ですので、もし指先がかゆくて、皮膚がやや白っぽくなっているようであれば、水虫の初期の可能性が高いですので、早目に受診しましょう。
早いうちだと、完治するのも早くなります。
何事にも早期治療が大切です。