冬は水虫が治ったと勘違い

水虫にかかった足の画像

夏になるとかゆみが増す水虫。
冬になるとそのかゆみも治まるため治ったと思いがちですが、実は治ってはいないのです。

水虫の原因となる白癬菌はカビの一種で、ほとんどのカビがそうであるように高温多湿を好みます。
そのため、湿気も少なく温度が低くなる冬場になると繁殖しないため「水虫が治った」と思ってしまいがちです。
しかし、冬場になると白癬菌は休眠して活動を停止しているだけで、死滅してはいません。
そのため、また春先かけて気温が上がり、湿気が多くなってくると活動を再開します。
また、近頃では家の中や移動のための交通機関でも屋内の温度は高く、汗をかくほどのこともあります。
そのため、靴の中の温度や湿度は春や夏まではいかないとしても高温多湿であるのとに変わりはありません。
また、就寝時の足先の冷えをカバーするために靴下を履いて眠ると靴下の中は高温多湿となり、白癬菌が活動を始めることがあります。
そのため、冬場でも春や夏と変わらず水虫の症状で悩む人は少なくありません。

しかし、全体的に気温が低く乾燥している冬場こそ痒みが出ることもないため、実は水虫撃退に最適な季節だともいえるのです。
水虫の治療は2~3か月ほどかかると言われています。
しかし見た目が綺麗になったり、痒みがなくなってしまうと治療をやめてしまう人も多く、特に冬はかゆみが治まってしまって治療をやめてしまう人が多くなる時期だとも言えます。
市販の水虫の薬をお風呂でしっかりと綺麗にしてから塗り、ちゃんと乾燥させるということを行うだけで白癬菌を死滅させることも可能です。
温かくなってかゆみが増してからまた治療を始めるのではなく、痒みが治まっている冬だからこそ、次の春夏に向けて水虫の治療を行うようにしましょう。