アロエを使った水虫治療方

アロエの画像

最近では年齢に関係なく水虫を発祥する人が増えてきた上に女性も多くの人が悩んでいる水虫です。
そもそも水虫とは何かと言いますと、乾性と湿性とがありますがそこからくるカビの一種だそうです。
予防策としては足を清潔にしておくのはもちろんのことカビが繁殖しないよう通気性をよくしておくことが大切です。
サンダルを履くことが一番理想的ですが仕事中などサンダルを履いていられない場面もあるのでなかなか難しいですね。
そこで発祥してしまった時の治療法としてアロエを使った方法を紹介します。
アロエには抗菌性、抗カビ性に優れたアロエチンという成分が含まれており菌を殺すことで繁殖するのも防げます。
また、かゆみや痛みを和らげる効果もあります。
とは言っても一度や二度ですべての菌を殺すことはできないので治療には時間がかかるというのを覚えておきましょう。

やり方ですが、まずアロエのどの部分を使うかと言いますと下の肉厚の葉を切り取って使用します。
この葉を横に切断して熱湯消毒をして、葉肉のゼリー状の部分を取り出して患部に塗ります、この時患部も消毒しておきます。
水虫の症状や個人差はありますが、これを根気よく長く続けることで早い段階で痛みやかゆみはおさまります。
あくまでこれは抗炎作用で寄生している菌が死滅したわけではないのですが、大体の人はこの時点でアロエを塗るのを止めてしまいます。
また菌が繁殖して逆戻りしてしまうので、楽になったからといって安心せずにこの治療を続けましょう。
寄生した菌たちを完全に死滅させるには数か月かかるのでちゃんと毎日続ける事を心がけましょう。

もしも出先でかゆみなどに襲われる心配のある方は消毒したアロエの葉を滅菌ガーゼに包みラップに包んで持ち歩きましょう。
生のアロエが手に入りにくい方はアロエ入りの軟膏も店頭に売っているのでそれを試してみてください。