水虫の末期爪水虫

水虫は足にでき、足の指の間や指先にできやすい物です。
水虫の原因は白癬菌というカビの一種が感染することで、かゆみが主な症状です。
また、痒みはなく足の皮が剥けたり、水疱ができることもあります。
この水虫は足の皮膚だけではなく、爪にまで感染します。
これが爪水虫と呼ばれ、水虫の末期だと言われています。

爪水虫はとても厄介で、通常の水虫でも治療に2~3か月かかると言われていますが、爪水虫の場合には1年以上の年月がかかる場合もあります。
白癬菌が爪に感染すると、爪に白い濁りや黄色い変色が起こったり、足の爪が分厚くなって、爪切りなどで爪を切ることが難しいといった症状が出ます。
かゆみなどは特に感じないため放置されがちですが、そのままにしておくことで白癬菌はずっと繁殖し続けるため爪は綺麗にはなりません。
また、白癬菌は風呂用マットなどからも感染してしまうため、家族に白癬菌を写してしまう可能性もあるのです。
女性の場合はフットネイルや足のマッサージなどを断られることもあるため、早期に治療をしておきましょう。

治療方法は飲み薬を使用することが多く、飲み薬でも効果がなかったり、薬の服用ができない人の場合にはレーザー治療が行われることもあります。
爪の白癬菌に感染している部分はボロボロになったり分厚くなったり色が白っぽくなったりしてしまうため、感染してしまった爪が伸びきってしまうまでは油断できず、長い人の場合では1年以上の治療期間を要することもあります。
また、爪に感染してしまった場合の飲み薬は薬局やドラッグストアでは販売していないため、病院に行って処方してもらう必要があります。

また、飲み薬のため副作用が起きることもあります。

抗真菌薬で水虫の爪完治を目指す

多くの人を悩ます爪の水虫。
これは別名爪白癬ともいわれていて、手足にあるとされている真菌の一種「白癬菌」の感染が進行すると爪の中にまでこの白癬菌が侵入してきて、爪自体が白癬菌に感染するというものです。
菌ということで、消毒用アルコールなどで除菌すれば水虫の爪完治ができるのではと信じていていつまでも消毒用アルコールで除菌しようとしているひともいます。
実はこの白癬菌はカビの一種ですので、消毒用アルコールでは爪完治できません。
抗真菌薬でカビを殺さなくてはいけないのです。

この症状は、市販の外用薬では爪水虫を完治するには時間がかかり難しいとされています。
なぜなら爪はもともと、皮膚の他の部分に比べて硬いということ、さらにこの白癬菌は感染するのがとても爪の奥深い所にまで感染しているからです。
つまり市販の外用薬だけでは爪の中の奥の部分にまで薬が浸透しづらく除菌、殺菌できないのです。
一番早く効果的に爪水虫を完治するには内服するタイプの抗真菌薬を服用するのが良いでしょう。
抗真菌薬の画像
しかし痒みなどの症状がある場合は塗り薬で一時的に痒みを抑えることも大切です。
エンペシドクリームをお風呂上がりに塗布するなどして症状を抑えておき、その上で内服薬を服用しましょう。
内服するタイプの抗真菌薬は専門医師たとえば皮膚科のドクターなどの診断と処方が必要になります。
爪水虫の原因の白癬菌を抗真菌薬を内服することで死滅させますが、それでも完治するには早くても3ヶ月から6ヶ月ほどかかってしまうのです。

また内服の抗真菌薬は殺菌力が非常に強く、3ヶ月から6ヶ月ほど継続して服用するので、肝臓へ負担をかけてしまうため注意が必要です。
主な副作用としては肝炎や肝機能障害、肝不全、血小板減少などがありますので注意しましょう。
このような副作用が出る人は1%~2%に満たないと言われていますが知っておく必要はあるでしょう。
複数の治療薬を服用しているといった場合には服用することを制限されることもあるため、殺菌力がある外用治療薬の更なる発展が期待されています。

爪に使う抗真菌薬は個人輸入で購入してみる

真菌は簡単にいってしまえばカビのことです。
皮膚の表面にできているものならば塗り薬を使えば早く治すことができます。

しかし、爪など皮膚の奥にまで入ってしまった場合は抗真菌薬を使う必要がでてきます。
必要な薬は病院に行き医師から処方してもらうとよいですが、爪まで到達しているものになると治るまでに時間がかかります。
そもそも、水虫は継続治療で完治するものなので、爪水虫になってしまうと抗真菌薬の服用から完治まで3か月から6か月もの時間を要します。
人によっては1年以上も治療期間を要する場合があります。

時間がかかるということは、それだけ多くの薬を使わなければいけません。
ということは薬代も高くなってしまいますので、できるだけ安く手に入れたいならば個人輸入を活用するとよいでしょう。
抗真菌薬の内服薬だと錠剤になっていますので飲み続けなければいけませんので、個人輸入の場合はきちんと副作用まで確認する必要があります。
インターネットを使って購入する個人輸入ならば、副作用の記載まできちんとされているところで購入しましょう。
でなければ偽物を買ってしまうこともあり、治療どころではないので、しっかりと調べることが重要になります。
抗真菌薬の多くはジェネリック医薬品になっています。
薬代は安くなっていますが、明らかに安すぎるところでは購入しないほうがいいでしょう。
また、個人輸入を長くやっているなど信用できるサイトから探すのが鉄則です。

個人輸入サイトを利用する人

爪にまで影響がでている場合は、初期段階であれば抗真菌剤を塗ることで治ることもあります。
ですが、たいていの場合進行しているので、飲み薬を使うことになるケースが多いのです。
できるならば、医師に相談するほうがいいですが現在は忙しいなどの理由から病院に行けないことも多いでしょう。
個人輸入に頼ることも間違いではありませんが、しっかりと比較検討をして適切な薬を手に入れることが必要です。
個人輸入で購入した薬で、副作用がでた時は使用を中止して病院で診てもらうことを忘れてはいけません。
やはりいざというときは身近な医療機関を頼りましょう。
便利なものですが使い方をきちんと守ることにより最大限に効果を発揮するものなので抗真菌薬を安易に考えてはいけません。